FX 比較で見える大きく異なるプロとアマのトレードの違い

どのような職種であれ、熟練者と入社したての若者では、あらゆる面で力量に一定の開きがあることは誰しもご存知のことでしょう。客観的に見ても、会社の仕事に慣れたベテランと、初めて仕事に携わるアマチュアでは、その熟練度に差が生じてしまうのは当然のことです。

実はFX 比較の上でも、こうしたプロとアマの違いは如実に表れることが多く、特にミスを犯した際に、その対応の差に大きく違いが生じると言われています。では、トレードを行う際、FX 比較をする上でプロとアマでは着目点がどのように異なるのでしょうか。

FXトレードで、プロと初心者を見比べた場合、その着目点は損切りラインと利益確定ラインにあるとされています。損切りラインとは、ロスカットと呼ばれているもので、大きな損失を防ぐ為の防衛ラインともいえるものです。初心者がこれらの見切りを誤りやすいのは、ほとんどが思い込みによるものが多いからです。プロとの決定的な違いは、利益確定ラインを2カ所想定しているところにあります。相場取り引きにおいて、思い込みはただの弊害にしかなり得ません。プロの場合は、自分の取り引きや相場観を信じ、惑わされない客観的な目で常に相場を見ているのです。